安い葬儀屋教えます!~家族葬編~

ホーム > 安い家族葬について > 家族葬は安い費用でお葬式を行なうことができる

家族葬は安い費用でお葬式を行なうことができる

かつてお葬式といえば、多くの人が参列するのが一般的でした。
しかし、近年は参列者が10名程度の家族葬を選択する人が増えているといいます。
それは何故でしょうか。
一つは、長引く不況の影響などによりお金のかかるお葬式ができなくなったという点にあります。
家族葬は、参列者の人数が少ない分、会葬返礼品や精進落としなどにかかる費用が安くなるため、30万円台で済むと言われています。
次に、核家族化です。
故人の遺族が少なかったり、子供の数が1人という人も今では珍しくありません。
そして、家族葬の中でも通夜は行なわずに告別式のみ行なうものや、直葬といって通夜も告別式も行なわず、火葬場の炉前で密葬を行なうものは更に費用が安いです。
直葬の場合は、費用が10万円台で済むようです。
しかし、その分、故人とのお別れの時間は短くなります。



家族葬は安い葬儀と言うイメージがあるが

葬儀について調べると、家族葬と言う文字を必ず見かけることになります。
2000年ごろから徐々に聞かれるようになり、今ではかなりポピュラーになりました。
ただ、公的な意味がある言葉ではありません。
概念としては、家族と親族を中心に、会葬者の少ない葬儀と言うことになります。
しかし、故人の友人数人程度を招くこともあり、家族と親族以外でも参列することは可能です。
ただ、最近は家族葬は安いと言う点ばかりが注目されるようになりました。
会葬者が少ないので、返礼品や飲食費などは一般葬に比べればかなり安いです。
しかし、家族葬は比較的自由度が高く、内容次第で高額になるケースもあると言うことを理解しておかないといけません。
とくに、祭壇や棺のランク次第でかかってくる費用は大きく変わってきます。
きちんとプランを練らなくてはいけません。



家族葬の安い業者と選び方のコツ

葬儀を執り行う機会は長い人生の中でもそう頻繁に起きる事ではなく、いざ執り行う立場となれば何から手をつければ良いのかで悩むのは当然のことです。
決めなくてはならないことはたくさんありますが、その中で最も気になるポイントといえばやはり葬儀に必要となるトータル費用の違いではないでしょうか。
規模による違いはもちろん、業者によっても差はありますが近年注目を集めているのは家族葬です。
小規模な葬儀ということもあり、人数も少なく会場も小さくて良いので安く済ませることができるというメリットがあります。
しかし安いという理由だけで業者を選ぶべきではありません。
家族葬といっても、ある程度の費用は必要となってくるので信頼できて納得する葬儀を執り行うためのサポートをしてくれる業者を選ぶようにしておくことがポイントとなります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP