安い葬儀屋教えます!~家族葬編~

ホーム > 安い家族葬について > 家族葬は、十万円からと安い費用で抑えられる

家族葬は、十万円からと安い費用で抑えられる

家族葬をするという方法は、メリットとして安いという特徴があります。
葬儀を行うための費用は、高いと言われているため、どうしても支払いが厳しくなってしまうことがあります。
葬儀の費用は、ほとんどがまとめての支払いとなってくるため、まとまったお金を用意しなければいけません。
しかし、安い費用で行うことができる家族葬という方法であれば、費用をかけずに家族のみでなくなったものを見送ってあげるということができるようになっています。
家族のみで見送るということには、安さだけではなく家族で時間をかけてあの世へと見送ってあげることや、気持ちの整理をつけながら葬儀をするということができるようになっています。
費用の面だけではなく、家族にとっての気持ちの面にも、負担が少なく済ませることができる方法が家族葬義の方法となっています。



家族葬は、安いというだけではないこと

家族葬という方法は、安いだけではなく故人の希望を叶えてあげる葬儀の方法のひとつでもあります。
人によっては、たくさんの人に見送ってもらいながら葬儀をしてほしいという方もいますが、回りの人に負担をかけたくないという考えから、家族のみで葬儀をしてほしいと希望するかたもおおくいます。
葬儀をするという方法は、それぞれの考え方によってちがいがあり、方法は家族や故人の望みを叶えてあげるということが大事となってきます。
望みを叶えてあげることによって、安心してあの世へと見送ってあげるということができるようになります。
葬儀は家族にとっては、故人を見送るための最期の場となってくるため、故人の望みを叶えてあげることを心懸け、故人の望みの葬儀の方法をすることも大切です。
人によっては家族葬という方法を生前から指定しているという方も増えてきているといわれています。



家族葬を選んで安い葬儀費用に抑える

葬儀には高額な費用が必要になるため、できるだけ節約したいと考える人も多いでしょう。
そこで便利なのが「家族葬」と呼ばれる葬儀プランであり、参列者の人数を少なくすることで、比較的安い費用に抑えることが可能です。
この家族葬とは、書いて字のごとく家族を中心とした、親族や友人、知人といったごく親しい人たちだけに会葬者を限定する小規模な葬儀プランのことを指します。
具体的な費用に関しては、葬儀本体費用は50万円程度が相場だと言われているため、葬儀本体費用が100万円を超えるような一般的な場合と比べると安く済ませることができると言えるでしょう。
そして会葬者をもてなすための費用である飲食接待費用に関しても、家族葬の場合だと会葬者の人数が少ないため、その分安く抑えることが可能です。
ただし小規模な葬儀では香典も少なくなってしまうため、その点は考慮しておいたほうがよいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP