安い葬儀屋教えます!~家族葬編~

ホーム > 安い家族葬について > 家族葬の安い業者探しのポイント

家族葬の安い業者探しのポイント

葬儀といえば一般葬で規模の大きいものが当然という考えがあったのは、一昔前のことになり現在では家族葬や密葬といった小規模な葬儀を望む人が多くなりました。
規模が小さくなれば、その分あげられるメリットとしては安いので費用を抑えることができるという点ではないでしょうか。
しかしどの業者に依頼しても同じというわけではありません。
似たような内容でも業者によってトータル費用が倍以上異なるケースも増えてきています。
小規模な葬儀が身近になり、取り扱う業者も増えたからこそ複数を比較してよく考えてから決めなくてはなりません。
まずは葬儀業者の実績を見て信頼できるのかを確認しておきましょう。
大規模な葬儀を中心としている業者の場合には、家族葬や密葬といった小規模な葬儀は割高になってしまう可能性も高いので気をつけなくてはなりません。



家族葬は本当に安いく抑えることができるのか

葬儀を執り行う際にまず悩むことといえば規模ではないでしょうか。
一昔前は一般葬で大規模なものが主流でしたが、近年では規模を小さくしごく身内のみでの葬儀を望む人が増えました。
そのことから家族葬も身近な存在となりましたが、気になるポイントとなるのが家族葬は本当に安く抑えることができるのかという点ではないでしょうか。
規模が小さくなる分、安いのは当然のことですがその際に忘れてはいけないのが香典も減るということです。
参列者が減れば香典も減ることになり、一般葬ならば香典でまかなうことができな部分も全て支払わなくてはならなくなります。
トータルして考えたときに、支払う額と得ることができる額はいくらになるのかということの計算をしておかないと、イメージしていたよりも痛い出費となってしまうことは間違いないのではないでしょうか。



家族葬の安い以外のメリットとは

現在日本でも珍しくない葬儀のスタイルの一つといえば、家族葬ではないでしょうか。
メリットとして一番に頭に浮かぶものとしては、やはり安い料金で執りおこなうことができるという点です。
しかしメリットは金銭面のことだけではありません。
家族葬といっても家族しか参列してはいけないという定義があるわけではないので、故人と縁が深く本当に最後の時を共に過ごしたい人ならば参列することができます。
もちろん人数が少なくなるので、挨拶など儀式や形式的なことにとらわれる必要も減り、葬儀を執り行う遺族の体力的な負担はもちろんのこと精神的な負担も少なくなります。
最後の時を故人とゆっくりと過ごし見送りたいという人にとっては、金銭面で安いということ以上のメリットはたくさんある葬儀のスタイルと言えることは間違いないのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP