安い葬儀屋教えます!~家族葬編~

ホーム > 安い家族葬について > 家族葬のプランが安い理由を確認しよう

家族葬のプランが安い理由を確認しよう

家族葬は、通夜や告別式などの時間が短めではあるものの、葬儀に掛かる費用をなるべく抑えたい顧客から選ばれる機会が増えています。
また、家族葬のプランが多数用意されている葬儀社においては、様々なニーズを持つ顧客が集まる傾向があり、熟練のスタッフの意見を参考しながら契約を結ぶことができます。
特に、安い価格のサービスが充実している葬儀社の選び方に迷っていることがあれば、葬儀を行った人のレビューを参考にすることで、きめ細やかなサポートが期待できる依頼先を見つけることができます。
また、当日の家族葬の流れは、葬儀社の判断や宗派ごとのしきたりなどによりますが、生前相談のサービスを利用することで、無理なく対応を取ることが可能です。
もしも、実績のある葬儀社のプランの料金体系について詳しく知りたい時には、早めに資料を取り寄せることが肝心です。



参列者の人数によっては安いとはいえない家族葬

最近は様々な形の葬儀を行えるようになりました。
特に費用をあまりかけたくはないということから、簡素な葬儀を望む人が多くなっています。
葬儀の費用には、棺や祭壇なども含まれているため、それらが派手ではないというだけでも費用はおさえられるでしょう。
簡素な形の葬儀には、家族と親しい人だけで行う家族葬、お通夜を行わない1日葬、お通夜も告別式もしない直葬があげられます。
どれも従来の形に比べればすべてが質素なものとなっています。
その中で家族葬だけは儀式を簡略化しているわけではありません。
主な特徴は参列者の人数です。
家族と親しい人だけで、一般の参列者はお断りすることになります。
それ以外はお通夜も告別式も行います。
簡素な形にかわりはありませんが、宗教的な儀礼を伴うという点では、費用も一般と同様になり、参列者の人数が多ければそれだけ費用もかかります。
結果的に見たら、簡素な葬儀でも安いわけではないということは把握しておくべきかもしれません。



とにかく安いご葬儀をお考えなら家族葬

終活という言葉が定着してきた様に、ご葬儀はいつ誰にでもやってきます。
それは送る側も常に考えておかなければならない事です。
でも一般的な葬儀を行うとすれば100名位で130万以上はかかります。
ご祝儀収入がある結婚式と違って、葬儀は香典収入をあまりあてにはできません。
そこで、とにかく安いご葬儀をお考えなら家族葬を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。
家族葬なら50万以下で行える所も多くなってきています。
費用が膨らむ原因の一つは、香典返しや通夜ぶるまいのお酒や料理、精進料理などの接待費です。
参列者が少なければ必然的にこの予算を抑える事が出来ます。
さらに会場も小さめの場所を選ぶ事が出来る為、ホール代の節約や葬儀会社によっては人件費の節約に繋がります。
そして無駄な労力なく、故人様に寄り添った葬儀を執り行えるので一石二鳥といえるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP