安い葬儀屋教えます!~家族葬編~

ホーム > 安い家族葬について > 今多くの人が利用している家族葬のメリット

今多くの人が利用している家族葬のメリット

 今、葬儀を行なう時の形として、多くの人が家族葬を営むと言われるまでになりました。しかしこの家族葬と言われるもの、その形に決まりがある訳ではありません。そのためこの葬儀では、喪主や遺族の方の主張で行なわれるものと考えることが良いのではないでしょうか。
この葬儀が増えた理由には、高齢化社会になったことが上げられています。つまり定年後も数十年も生活する人が増え、社会生活から離れてしまった人の葬儀が多くなったことも、その一因と言われます。仕事を離れての時間が長くなっていることから、仕事関係や仲間と行った人たちとの関係が薄れていることで、わざわざ葬儀に呼ぶことがなくなってしまったことがあると言われます。また、高齢化によって施設などに入ってしまうことから、近所付き合いもなくなり、逆にひっそりとした葬儀を希望する人も多くなって来ていまます。

 葬儀に来てもらう人が、少なくなっていることもその理由ですが、喪主の方にも同じようなことが言えるようになっています。核家族化の時代、親子が一緒に住む時代ではなくなり、離れ離れの生活を送ることから、喪主となられた人が親の住まい周辺の人たちと繋がりが薄くなってしまい、形だけの葬儀が行なわれる傾向になってしまったことも、その理由に上げられています。
遠隔地から来る親戚も多くなり、簡単に葬儀を済ましてしまう傾向が見られるようになって来ています。そこには、葬儀にかかる経費を軽くするメリットも控えていることになります。と言うのも、大勢の人が参列する葬儀になると、大掛かりな式にもなり、その費用も莫大になっていました。200万円を軽く超える費用がかかり、喪主の方には大きな負担にもなっていたのが現実でした。

 今の時代は、身内だけでゆっくりとした時間を過ごす葬儀が良いとされるようになっています。遺族の方が、参列する人たちの対応に時間が取れらる時代は終わり、故人との別れの時間をたっぷりと取ることが良いとされるようになって来ています。
更に家族葬と言う形で行うことで、遺族や親族が考える自由な葬儀が出来ることになります。音楽葬や無宗教の形といったことなど、好きな形での式が行なわれることになり、故人が好きだったことを偲ぶ良い時間を過ごすことも出来るようになっています。家族葬と言われるものには、自由の葬儀を行なうことが出来ると言う大きなメリットがあります。そのため、これからの時代もこの葬儀の形が多く行なわれるようになると考えられています。そこには、少ない費用で終わらすことが十分可能と言うメリットも生まれています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP