安い葬儀屋教えます!~家族葬編~

ホーム > 安い家族葬について > お墓が用意できてない時はどうするの?

お墓が用意できてない時はどうするの?

 昭和から平成にかけて、社会的経済的といったことに大きなうねりがあり、いろいろなものへの考え方も変わるようになりました。人として働くことが、終身雇用と言う考えでなくなり、全員が正社員でない時代にもなって来ました。そんなことと同様に、お葬式に対する考えも、大きく変わることになりました。
昭和の時代には、個人が亡くなると個人葬と言う形の葬儀が一般的に行われて来ていました。亡くなられた方を盛大に見送ることで、お別れをすることが多くありました。そのため家族や親族、友人・知人、更には仕事関係の人から近所の方々まで、少しでも故人と関わった人たちなどから、見送ってもらう葬儀が、多く行われて来ていました。しかし、それがいつしか家族葬と言う形に変わって来ているのが、現状です。

 家族葬と言うものの行い方に、決まりはありません。葬儀に参列する人が、家族や親族だけで行なうものを家族葬と呼んだり、家族親族だけでなく、友人など親しくしていた人が参列する葬儀も家族葬と言われることがあります。
そこには、ごく少ない人数での式を上げることが目的とし、高齢化の影響や核家族化の影響も言われるようになっています。また高齢化したことで、家族と離れて施設に入ってしまい、社会的な繋がりが薄くなってしまい、わざわざ葬儀への出席を依頼するにも、気が引けると言う人も多くなっている現実もあります。その分、ごく内輪で済ますと言う考えも成り立ち、静かに見送る時代になったとも言えることになったのでしょう。また、核家族進んだことだけでなく、お墓のない人も多くなって来ています。菩提寺のない人も多くなり、改めて霊園に入るのもイヤと言う人も出て来ています。

 そんなお墓のない人のために、今「ゼロ葬」と言われる葬儀の形が出て来ています。火葬をすることで、全て終りとするものになります。そのため遺骨の処理は、一切を火葬場に任せてしまう方法です。基本的に、遺骨は引き取るものとされていますが、場所によっては引き取らずとも良いと言う所もあります。お墓のないと言う人の対応に、この遺骨を引き取らないと言う方法も考えられると知っておきましょう。
遺骨の所有権として、拾骨前の遺骨については遺族のものであり、拾骨後においては市町村のものとなっていると言われます。と言うのも、お墓を建てる場所もない、もしお墓を建てるにしても相当な金額がかかることになると言った費用の問題も出て来ます。更には、お墓があることで、供養をしてもらうことになり、菩提寺を必要とし、その供養費も捻出する必要が出て来ます。暮らしに余裕のない人が多くなった時代、お墓のない人が出て来るようになってしまったと言えるのでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP